東京都町田市にある、大石一馬フォトギャラリー・カマルのご案内です
by gallery_kamal
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


古稀

カマルの我々二人も今年度『古稀』という事になります。こんなに年を取ったのかと驚きでもありますがいつまで元気で過ごせるか・・・・と気にもなります、しかし気持ちだけは前向きに持ちたいと思っています。

先日高校時代のクラスの仲間(3年間同じメンバーでした)とのクラス会に行ってきました。
高尾山に登り、薬王院でこれからも元気で会えるようと祈り、カラス天狗からは元気をもらってきました。
a0075589_1326261.jpg


面白い事に、四国88か所の順番に石碑がお堂の周りに建てられていました。2~3分でお参り可能です。
但しご利益は??????です。
a0075589_13324370.jpg

a0075589_1333048.jpg


高尾山で気になった事がありました。
ミシュランで高い評価をされたために観光客が増えた事はお喜びで結構なことですが、歩く道いたるところに石碑・石像がニョキニョキと建てられていました。
新しいものが目に付きます。古くからあったもので十分だと思います。
深い森を歩くという楽しみが半減しました。

下って、麓のお店で『古稀の会』をなごやかに行って帰ってきました。
2年に一度ほどの間隔で続いています、平均寿命からはまだまだですので次回も楽しみです。

おまけ!
屋上の柿・禅寺丸がいっぱい実ってきました。少々生らせすぎですが見た目はにぎわいがあります。
a0075589_1342490.jpg


今日15日は水曜日でお休みですので、明日16日より10月のカマルはOPENいたします。
ギャラリーから庭へ続くデッキが腐ってきましたので更新中です、台風と天候不順で完成までいきませんでした。
お披露目は来月になりそうです。
# by gallery_kamal | 2014-10-15 13:54 | トピックス

写真の入れ替え・・・インドヒマラヤ

前回のネパール・クーンブ山群と一緒にインドヒマラヤを一部展示しています。
ニューデリーから北~北西方面でなかなか行きにくい地域ですがここをブータン~ネパール~インドと続くグレート・ヒマラヤと呼ばれる大山脈が走っています。
これより東へは~パキスタン~アフガンへとカラコルム山脈が続きます

キシュトワール山群から シックルムーン(6574m)
a0075589_16302323.jpg

同じ山群の ブラマーⅡ(6425m)・・・一見ジャヌーに似ています。
a0075589_16323235.jpg


キシュトワールの北側に位置する 
ヌン=クン山群の ヌン(7135m)・・・別名をセール(チベット語で「塩と岩」という意味らしいです。
a0075589_16332135.jpg

左にクン(7077m)右にヌン・・・クンは別名メール(チベット語では「水晶の柳」)
a0075589_16333945.jpg

同じ山群の Z1(6181m)
a0075589_16335768.jpg


ラホール山群の メントーサ(6443m)・・・高山植物が多くヒンディー語で「花の園」を意味する様です。
a0075589_16343049.jpg


このラホール山群にあるロータン峠を本日(26日)PM9:00~BS-TBS「地球絶景紀行 黄金のヒマラヤ峰・インド ロータン峠」と題して放映されること新聞で見つけ早速録画予定です。

行って見たい地域ですが地図の上だけで我慢かも!
# by gallery_kamal | 2014-09-26 17:05 | 一馬のフォト

9月OPEN中・・・ヒマラヤの写真入れ替えました。

残暑がほとんど感じられずに秋に入りました。
カマルの銀木犀もすでに2度目の花が咲き終わり、曼珠沙華が咲き始める今日この頃ですが皆様体調は如何でしょうか。
9月は日程通り、定休日の水曜を除いて月末までOPENしております。

一馬のフォトの入れ替えを致しました。 
久しぶりですので展示中の写真を紹介いたします。
今回はネパールのクーンブ山群(エベレストのある地域です)と次回としてインド北部(ネパール・チベット・パキスタンに囲まれており、カラコルムに至る地域)の山々です。

クーンブ山群からは、

左最も高く見えるのがローツェ・シャール、その右にエベレスト、更に右手にシャール・ツェ
a0075589_17311894.jpg

アマ・ダブラム北西面
a0075589_17314345.jpg

中央奥アマ・ダブラム、右にヌプツェ、左プ・モリ(南から見るとアマ・ダブラムの姿は全く違います)
a0075589_1732375.jpg

ゴジュンバ氷河とチョラツェとタウツェ
a0075589_17324542.jpg

中央タウツェ、右チョラツェとセラック(氷塔)
a0075589_17331060.jpg

チュンブー
a0075589_1733324.jpg

ギャチュンカン(ゴジュンバ氷河の奥に位置しています)
a0075589_1734560.jpg


次回はインドです。
# by gallery_kamal | 2014-09-22 17:56 | 一馬のフォト

カマルの夏休み-2

長野での夏休みの最後は、八方尾根の山歩き。スキーのゲレンデから登り始めるので、リフトを利用し一気に第1ケルン・1820mへ。すぐに快適な尾根歩きができます。きれいに整備された木道と岩ゴロゴロの道が選べますが、人の少ない岩ゴロゴロの方を行くことにしました。
a0075589_203402.jpg
第2ケルン、八方ケルンを過ぎ、第3ケルンから目的地八方池が見下ろせます。
a0075589_20345344.jpg
着いたら早速、ラーメン作り。チビさん達にとって、めったに食べないカップラーメンは寒い山でのお楽しみの一つです。ここで緊急事態が発生。アツアツラーメンが出来上がったのに、お箸を持ってくるのを忘れたのです。カマルの髭じいじが池の周りを歩き回り、落ちていた竹を削って何とかセーフ。
a0075589_20351643.jpg
あいにくの曇り空で池に映る北アルプスの絶景は見られませんでしたが、高山植物の花々が咲き乱れていました。
a0075589_20354031.jpg
今年は雪が多く、7月初めまで残っていたので、8月の半ば過ぎというのに、春の花、夏の花が勢ぞろいしていました。
a0075589_2045384.jpg
マツムシソウ
a0075589_2039898.jpg
クガイソウ
a0075589_20393160.jpg
ミヤマアズマギク
a0075589_203950100.jpg
タテヤマウツボグサ
a0075589_2040998.jpg
シモツケソウ
a0075589_20414238.jpg
ユキワリソウ
a0075589_2042481.jpg
チングルマ
a0075589_20431175.jpg
イワイチョウ

この他にウメバチソウ、カライトソウ、ワレモコウ、オニアザミ、コオニユリ、リンドウ等々、沢山の花々を見ることが出来ました。下りのリフトは大きく視界が開けて、上りとは全く違う爽快感がありました。夏のリフトもいいものです。
a0075589_20435431.jpg
長野滞在最後の日は安曇野のちひろ美術館を訪ねました。良い写真がありませんが、広々とした気持ちの良い緑の中のステキな美術館でした。昔、訪ねた黒姫の絵本美術館に雰囲気がとても似ていました。
a0075589_20442235.jpg
a0075589_20444314.jpg

# by gallery_kamal | 2014-09-09 21:51 | トピックス

カマルの夏休み-1

9月になった途端、風にのって窓から銀木犀の香りが・・・早い秋の訪れです。
またまた遅ればせながらのカマルの夏休みを、2回に分けて届けます。
7月の終わりに孫の子守りに倉敷に。
a0075589_16583617.jpg
早速、阿智神社までお散歩。神社の境内からの街並みです。
a0075589_16561083.jpg
本町の町家。ここの佇まいが好きです。
a0075589_17192185.jpg
丁度倉敷は天領祭りの真っ最中で、観光客でにぎわっていました。a0075589_1741583.jpg夕方から沢山の踊りの連が大通りに繰り出します。Oh代官囃子を踊り終わった子供たちが体育館に集合。



孫たちと一緒に町田に戻って、8月初めにしながわ水族館とジブリ美術館へ。
a0075589_1765542.jpg
a0075589_1775540.jpg
a0075589_1785450.jpg
お盆前に長野青木村に移動。八ヶ岳に向かう途中、久しぶりに白樺湖に立ち寄りました。娘たちが小さかった頃、良くスキーをしに来た所ですが、夏休みというのに観光客も少なく、寂しい佇まいでした。
a0075589_1710171.jpg

# by gallery_kamal | 2014-09-04 17:42 | トピックス

カマルの夏日程のお知らせ

意外と早く梅雨が明けいよいよ夏本番ですね。
熱中症対策を怠りなく元気に乗り切りたいものです。

遅くなりましたがカマルの夏休みのお知らせです。

7月は 25日から、通常の月前半の休みを挟んで 
8月22日まで夏休みをいただきます。

よって、7月の開館は24日(木)までです
また8月は23日(土)から開館いたします

よろしくお願いいたします。

カマルの菜園情報です。
夏野菜も本番で、キュウリは終わりで形が悪くなりましたが、トマト・ゴーヤ・ナス・金時草と楽しめています。
トマトは「ももたろう」まんまるです。
a0075589_11454081.jpg

金時草の冠で飾って。
a0075589_11463232.jpg

a0075589_11472069.jpg

ゴーヤ(れいし)のカーテンも立派になり熱風を少し遮ってくれそうです。
a0075589_11553082.jpg

# by gallery_kamal | 2014-07-23 11:59 | カマルのCafe

6月の庭と倉敷

日増しに緑が色濃くなってきました。カマルの庭では今年は紫陽花と合歓の木が当たり年の様です。映像はありませんが、紫陽花・墨田の花火も沢山花を付けました。5月に純白で咲きだした山紫陽花も、今はピンクから赤へ変化。
a0075589_15344385.jpg
a0075589_15351529.jpg
a0075589_15354177.jpg
a0075589_15355928.jpg
6月初めに、久しぶりに倉敷に行ってきました。今回も孫の子守りですが、時間があるとあちこち歩き回りました。阿智神社も緑が木陰を作って気持ちいい散歩道です。
a0075589_15361437.jpg
a0075589_15363519.jpg
観光シーズンなのか倉敷川河畔の美観地区も大勢の観光客でにぎわっていました。
a0075589_1537142.jpg
今回初めてお日様ちゃんの熱い要望で人力車に乗ってみました。姫になった気分で、お兄さんの詳しく面白い説明を聞きながら、あっという間の時間でした。
a0075589_15373489.jpg
倉敷川河畔には古い大きな栴檀の木が3本あります。ちょうど花が満開でした。
a0075589_1538493.jpg
a0075589_15382447.jpg
6月初め、倉敷は連日真夏日で日差しの強い事。早くも水遊びです。

a0075589_15385729.jpga0075589_15393260.jpg
# by gallery_kamal | 2014-06-19 16:17 | トピックス

遅ればせのゴールデンウイーク

緑が日増しに濃くなり、諸々の総会の季節を迎えました。慌ただしく過ごすうちに早くも5月の半ば過ぎになってしまいました。(今月のカマルは、勝手ながら27日までの開館となります)
ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?遅ればせながらカマルの連休をアップします。5月1日から長野県青木村へ。新緑と山桜がきれいでした。
a0075589_14325083.jpg
a0075589_14331068.jpg
3日の朝、お日様ちゃん、木の葉ちゃんが到着。4月から高校生になった風ちゃんと中学生になった野の花ちゃんは、来られませんでした。倉敷から夜じゅう運転のパパはお疲れですが、たったの2泊3日の滞在なので、早速遊び開始です。家の下の川を沢登り。昼は妹の家族も加わり、バーベキュー。木にロープをはって、綱渡り。
a0075589_14333432.jpg
4日は花の百名山の一つ根子岳登山に挑戦。昨年の連休に登った湯の丸山と同じ2千メートル位の山ですが、今年は予想以上に残雪が多く、チビさんたちには少々手ごわい山でした。歩き始めの牧場脇の道はダケカンバの林。登りはまだ元気でした。
a0075589_14341354.jpg
a0075589_14352552.jpg
a0075589_14362321.jpg
気持ち良く広がる風景の先には北アルプスが。
a0075589_14365516.jpg
a0075589_14371870.jpg
もう少しで頂上です。
a0075589_14374996.jpg
根子岳の頂上には、猫ちゃんが横たわって、のんびり景色を眺めていました(白い小さな猫ちゃん、わかりますか?)
a0075589_14381256.jpg
5日に倉敷組が帰り、私たちカマルの3人は7日に八ヶ岳の友人を訪ね、8日は南八ヶ岳花の森公園に立ち寄って町田に戻りました。花の森公園では、数百もの鯉のぼりが緑の中を泳ぐさまは見事で、ツバメも楽しんでいるようでした。
a0075589_14384973.jpg
a0075589_14391044.jpg

# by gallery_kamal | 2014-05-18 15:32 | トピックス

益子焼 春の大陶器市

先日26日勝手にカマルはお休みさせていただき、町田発のバスで栃木県益子町に行ってきました。
目的はその日から始まった春の大陶器市(春と秋の年2回開催されています)を見ること。
東北道の渋滞を潜り抜けようやく着いた益子、広場という広場はすべてテント・テントのお店だらけでした。
a0075589_2001041.jpg

a0075589_2003150.jpg

カマルのカフェにも新たな仲間が加わりました。
珈琲カップは落ち着いた感じの・・・
a0075589_2033258.jpg

そしてティーカップはハナミズキの絵の・・・
a0075589_2062290.jpg

a0075589_2065360.jpg

予定の3時間はあっという間、益子で一番大きいという登り窯も通り過がりに見るだけ。
a0075589_2010161.jpg

疲れて陶器店のカフェで一休み。
a0075589_20121596.jpg

この日の東北道は最悪の状態、行きは事故・火災と連発で、帰りも羽生あたりで事故渋滞!
でもバスの添乗員と運転手の早い対応で関越周りで比較的早く町田へ到着。
たまにはこういったバスの旅もいいものだ。
# by gallery_kamal | 2014-04-29 20:20 | トピックス

ネパール教育支援の旅-3

中断していた教育支援の旅を続けます。今日はルンビニを後にして、車でタンセンという山岳都市に向かいますが、途中何校か学校に立ち寄りながらです。まずバイラワ空港近くの学校。校庭に井戸があります。ルンビニでは学校に井戸があるのは良い方で、とても貴重な水です。日本でも私たちが子供の頃は、井戸でした。校庭で遊んでいた子どもたち、眼力があります。
a0075589_1652063.jpg
a0075589_16523043.jpg
途中休憩した小さな町。美味しそうな食べ物がいろいろ並んでいます。お店の前にはどっしりとかまえたおばさん。沢山の装飾品を身に付けています。
a0075589_16532339.jpg
a0075589_16542952.jpg
町の共同水場
a0075589_16545555.jpg
タンセンに着いて、私はすぐに家族のような関係の家庭を訪ねました。16年前に出会い親友となったA(大学1年生だった彼女は、今はカトマンドゥで先生になっています)のご両親、伯母さまに会いに。ここ数年お伺いできなかったので、本当にうれしい再会でした。いつもいつも私を待っていて下さる伯母さまは、別れを惜しんで、姿が見えなくなるまで見送ってくれました。
a0075589_16552655.jpg
夜はタンセンの大学の先生方と会食しながら、片言ネパール語と歌で交流しました。
a0075589_1655594.jpg
タンセンではいつも山のてっぺんのホテルに泊まりますが、そこからの夜明けです。
a0075589_16561676.jpg
ネパール唯一の国立大学であるトリブバン大学のタンセン校も山のてっぺんにあります。2部か3部制になっていて、朝一番の学生は夜も明けないうちから向こうの山から2時間もかけて歩いてくる人もいるそうです。ここでは旅にご一緒された方の支援で、学生が希望していたバレボール4個をプレゼントしました。私たちが帰る頃には早速バレーボールを楽しんでいました。親友のAも、出会ったときはここの学生でした。
a0075589_1656366.jpg
a0075589_1657578.jpg
a0075589_16572532.jpg

# by gallery_kamal | 2014-04-18 17:55 | ネパール教育支援の旅

春ですね~

朝晩肌寒い日が続きましたが、満開の桜が散り始めた頃、カマルの庭も急に春爛漫になりました。ジューンベリーの柔らかな白い花は、あっという間に散り始めます。15日ギャラリーがオープンする頃までは持ちそうにありません。この木は6月に赤い実を沢山つけるので、6月生まれで15歳になった風ちゃんの誕生記念樹です。タワラグミ、白ヤマブキ、スノードロップ等、初めに白い花をご覧ください。(ネパールの旅の続きは次回にします)
a0075589_11355727.jpg
a0075589_11362211.jpg
a0075589_11364235.jpg
a0075589_11371328.jpg
a0075589_11374377.jpg
a0075589_11381420.jpg
ピンクの華やかな花は海棠。3月生まれ、8歳になったお日様ちゃんの記念樹です。
a0075589_11384443.jpg
a0075589_1139588.jpg
クリスマスローズ、花ダイコンも毎年目を楽しませてくれます。
a0075589_1141261.jpg
a0075589_11412849.jpg

# by gallery_kamal | 2014-04-10 12:07 | カマルの庭

ネパール教育支援の旅-2

ルンビニはゴータマ・ブッダ生誕の地として、ブッダの生涯にちなんだ4大聖地のひとつになっていますが、7日朝一番でリクシャーに乗ってルンビニ園に向かいました。
a0075589_2124789.jpg
平和の火とその向こうに工事中だった運河が完成していました。
a0075589_2132717.jpg
菩提樹の周りに、はためく沢山のタルチョーとプスカルニ池(母マヤデヴィ王妃が沐浴したとされる)おだやかな風が吹いていました。
a0075589_214599.jpg
マヤ聖堂とアショカ王の石柱。
a0075589_2142842.jpg
この日もいくつかの学校を訪問し、ノート、布の袋等を届けたり、これから支援するかもしれない学校を訪ねました。
a0075589_2145358.jpg
a0075589_2155296.jpg
a0075589_2163735.jpg
ある学校の職員室
a0075589_217460.jpg
先生それとも村人?とても華やかな衣装です。
a0075589_2173159.jpg
家の軒先で、嫁ぐ娘に持たせる籠を編んでいました。この時期は結婚シーズンらしく、あちらこちらで結婚式の華やかなテントを見かけました。
a0075589_2181031.jpg
春、畑では種まきでしょうか。
a0075589_2184368.jpg
午後3時過ぎからブッダが王子時代を過ごしたといわれるカピラバストゥ城址に向かいました。(北インドのピプラハワにあるという説もありますが、私は心情的にはネパールのここと思っています)
a0075589_219617.jpg
今日もルンビニの夕日を眺めながら一日が終わりました。
a0075589_2194999.jpg

# by gallery_kamal | 2014-03-25 22:05 | ネパール教育支援の旅

ネパール教育支援の旅-1

3月5日から13日までネパールに行ってきました。1994年から始まったネパールの旅も丁度20回目になりました。私、泰子はネパールに教育支援を続けているネパール・ミカの会の一員でもありますが、今まで教育支援の旅をブログにアップしたことはありませんでした。今回は支援の旅の様子をお伝えします。羽田発、香港経由で5日の夜中にカトマンドゥに到着。まずは6日朝のタメル地区です。
a0075589_203273.jpg
トリブヴァン空港からバイラワへ。空からのボーダナート、ネパール最大の仏塔です。
a0075589_2062061.jpg
飛行機の窓からヒマラヤが見えてきました。
a0075589_2065190.jpg
バイラワから車でルンビニへ移動。これから校舎建設が始まる学校で、先生方、生徒が待ってくれていました。赤ちゃんを抱いている方が校長先生です。ここでは子供たちと歌での交流をし、ネパールの地鎮祭という珍しい経験も出来ました。
a0075589_2074514.jpg
a0075589_2081897.jpg
この日は6校の学校を訪問し、ノートや鉛筆を届けました。
a0075589_2091713.jpg
a0075589_2094113.jpg
村の様子です。
a0075589_20102883.jpg
そのあと通りかかった村のバザールをぶらぶら。何でも売っていて、興味深々でした。
a0075589_2011154.jpg
a0075589_20115892.jpg
a0075589_20131867.jpg
a0075589_20122073.jpg
ルンビニの夕日を眺めながら、長い一日を終えました。
a0075589_20134841.jpg

# by gallery_kamal | 2014-03-23 20:52 | ネパール教育支援の旅

梅の花

大雪がまだまだ残り、消えません。
日が差さないと風が身にしみます。
こんな冬でも、確実に春が近づいてきています。
カマルの庭の梅も開花し白く小さな花が沢山咲いています。
今年もカリカリ梅が沢山作れそうです。
a0075589_1534401.jpg

a0075589_15345876.jpg

a0075589_1535163.jpg

メジロも群れでやってきて、梅の花と椿の花の芯をついばんでいます。
カメラに収めようとしましたが動きが素早くて捕らえきれません、中でもメジロと判るものを・・・・。
a0075589_15384233.jpg

全体の姿ではないのが残念!。

暖房代も値上がりで大変ですが、我慢するにも高齢になるにつれ厳しくなります。
春よ来い、早く来い と願うしかありませんね。
# by gallery_kamal | 2014-02-21 15:48 | カマルの庭

最近のできごと

ブログの更新をおこたっている内に、2月のギャラリーオープン日になってしまいました。
この日は、先週に引き続き大雪に見舞われ、午後までずっと雪かきに追われました。腕、背中の痛さと共に雪国のしんどさを少しだけ体験したこの頃です。

1回目の大雪の日から順にブログの更新をします。

先週は、久々の大雪にびっくりするのと美しさにわくわくした気持ちもあって、思わず雪だるま作り。マダム・カマルです。その後、近所の方々総出で雪かきに精を出しました。
a0075589_13342851.jpg
a0075589_13344454.jpg

翌日10日は恒例の無名山塾新春懇親会に出席。岩崎氏は日本に元気を取り戻すため、一億二千万人総登山者計画を呼びかけていますが、昨今のガイド登山・ツアー登山での遭難事故の増加、また登山者の増加に伴い初歩的ミスでの遭難事故も増加、等を憂えています。私も歩けるうちにもう少し山に近づきたいと思っていますが、自立した登山者になるには、基本的な知識・経験が全く足りないなーと思っています。
a0075589_13351251.jpg

今年もバレンタインデーにカマルのアイドル野の花ちゃんから髭のオーナーに手作りクッキーが届きました。
a0075589_13352848.jpg

そして2回目の大雪。昨日は写真を撮るのも忘れて、雪かき・・雪かき・・・。今朝の丹沢方面です。
a0075589_1336145.jpg

雪におおわれ、小鳥もエサを探しにくいだろうと、髭のオーナーがエサ台を作りました。一日中つぐみ、シジュウカラなどが訪れてくれます。ガラスごしなので、ボケていますが。
a0075589_13361565.jpg

# by gallery_kamal | 2014-02-16 14:26 | トピックス