東京都町田市にある、大石一馬フォトギャラリー・カマルのご案内です
by gallery_kamal
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

冬のカワセミ

先日の水曜日に境川沿いを歩きました。すっかり木々は葉を落としていますので鳥たちが見つけやすくなっています。また雨がずっと降らないにもかかわらず水量もそこそこあって水もきれいでしたので鯉たちの姿も良く分かりました。水が綺麗であることはうれしいかぎりですね。

カワセミもいましたがお腹も減っていないのか真剣に魚を狙っているようには見られませんでした。
a0075589_1453522.jpg


版画美術館まで足を延ばしました。
冬枯れの木の向こう、低空で飛ぶ軍用機の音がうるさく感じました。
町田上空は軍用機の航路になっており、連続して何機も飛ばれるとうるさくて非常に迷惑なことです。
a0075589_14594742.jpg

by gallery_kamal | 2012-01-31 15:04 | トピックス

久しぶりの積雪

昨日夕方よりの雪が積もり、一面の銀世界となりましたね。
早朝早く起き庭の雪かきを久しぶりでやりました。
その前に写真をと・・・。
a0075589_22391546.jpg

カマルの看板も寒さに耐えてきたという感じでした。
北側から吹き付けてきたことが良く分かりました。
a0075589_224025.jpg

ここ町田市木曽地区の積雪は7~8cmといったところでした。
庭に置いた車の屋根のゆきです。
a0075589_22434727.jpg

カマルの屋上から西方面の丹沢山塊を望んだ風景です。
日本には何と電線が多いのかが一目で分かります。
電線を外した風景を市街地付近で撮ることは不可能のように感じます。
a0075589_22455733.jpg

今朝車のスリップ事故が多数レポートされていました。まだ明日も降りそうな気配ですので、皆さまお出かけにはご注意ください。
by gallery_kamal | 2012-01-24 22:51 | カマルの庭

タンカ(Tanka)

昨年10月~11月にネパールを訪れた際にボーダナートのタンカ屋さんで購入したタンカです。
額装してカマルで展示しています。
a0075589_17111852.jpg

タンカとは仏画の掛け軸の総称であり、曼荼羅(曼陀羅)は仏教の聖典タントラから描かれた四角、丸や三角形の幾何学模様のタンカの事の様です。
今回購入したタンカ(曼荼羅)は時輪曼荼羅(カーラチャクラ曼荼羅)と言われるものですが他にもいろいろなタイプがあるようです。
2010年1月に上野の森美術館での聖地チベット展へ行きましたがこの時もたくさんのタンカが見られました。
タンカは元々仏教の僧侶が村々を回った際、教えやお釈迦様の事を説くために作られ、持ち運びに便利な掛け軸にされたようです。
by gallery_kamal | 2012-01-19 17:53 | ネパールの旅・トレッキング

カマルの7年目が始まりました

今日15日でカマルは7年目に入りました。
皆さまに支えられてあっという間の6年間でした。
年始のご挨拶を忘れずに今年もやって行きたいと思っていますのでよろしくお願いいいたします。

新たなスタートに合わせ大石一馬の写真も入れ替えました。
ネパール・アンナプルナ山群とクーンブ山群を展示中です。

また、池田郁子さんの油絵も新しく花の絵に替わりました。
題名は 「いっしょ!!」 。
F6サイズで春を迎えるにぴったりの絵です。
a0075589_1663527.jpg

どうぞ近くでご覧いただきたいと思います。
by gallery_kamal | 2012-01-15 16:11 | カマルのCafe

蠟梅(ろうばい)

蠟梅が満開ですよ、という声に時期を逃すまいと忠生公園へ行ってきました。
狭いながらも纏まって植えられているどの木も満開で、良い匂いがあたりに満ちていました。
a0075589_19403639.jpg

a0075589_19405390.jpg

a0075589_19413244.jpg

ロウバイ科「マンゲツ」という名が表示されていました。
花が蠟細工のように見えるところから蠟梅といわれる説と蠟月つまり陰暦の12月に咲くので蠟梅という説もあるようです。
どちらを支持しますか?
よく見ると本当に精巧な蠟細工のようです。
冬の花の少ない時期に楽しめる貴重な花です。
by gallery_kamal | 2012-01-10 19:58 | トピックス

エベレスト(8848m)とローツェ(8516m)

今年の年賀状にはアマ・ダブラム(6812m)を使いましたがやはりヒマラヤの王はエベレスト(ネパール名;サガルマータ)です。
同じクーンブに属して他を圧倒する迫力があります。
a0075589_2032939.jpg

奥がエベレスト手前右がローツェ、左にヌプツェ(7855m)です。
エベレストはザイルがFIXされたりして、エキスパート以外でも登れるようにはなってきていますが8848mに対する高度順応そして最も不確定要素である天候の見定めといった高いハードルが待ち構えており、大変厳しい事には変わりありません。
しかし好天で雲のない時頂上に居て「ぐるり360度の展望」をこの目で見てみたいものですね。
by gallery_kamal | 2012-01-06 20:17 | 一馬のフォト

2012年の初めに!

新年おめでとうございます。

皆さまに支えられながらカマルも7年目に入りました。
今年も大勢の方々との出会いを楽しみに、人と人の繋がりを大切にしていきたいと思います。
念頭にあたり、心穏やかな一年であります様祈念しております。

a0075589_22431180.jpg

by gallery_kamal | 2012-01-02 22:45 | カマルへようこそ